介護情報実務能力認定試験(介護事務実務士)
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->介護情報実務能力認定試験(介護事務実務士)

介護情報実務能力認定試験(介護事務実務士)

介護報酬請求事務の従事で求められる一定の能力を有すことを証明する資格です。
介護保険制度の導入により、介護保険請求事務が新しく福祉施設では新しく重要業務として、介護保険請求事務の一定の実務能力を認定することを目的としています。
介護保険適用事業所に従事している方、従事しようと準備している方、訪問介護員(ホームヘルパー)で、スキルアップを目指している方を対象としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、学科と明細書作成があり、学科は介護保険法および関連法規、介護保険制度、介護報酬の請求で行われ、明細書作成は介護給付明細書の作成で行われ、実施回毎の受験者偏差値55以上、8割正答が合格基準となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

平均合格率:67.5%

合格特典

・認定書(有料)

公式サイト

内閣府認証NPO法人 医療福祉情報実務能力協会|MEDIN(メッドイン)



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved