薬剤情報担当者
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->薬剤情報担当者

薬剤情報担当者

一般市販薬を取り扱う小売・サービス業の従事で求められる一定の専門知識と、調剤報酬請求事務の従事で求められる一定の能力を有することを証明する資格です。
調剤事務、医学知識の基づく薬理・薬剤学、病理学、代替医療知識、コミュニケーションスキルの4つの知識習得を認定することを目的としています。
各種保険取扱い薬局、各種保険取扱い調剤薬局、ドラッグストア、小売・サービス業に従事している方、従事しようと準備している方、登録販売者を目指している、従事している方を対象としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、学科で薬局助手技術論、医科薬科学、応用医療学で行われ、実施回毎の受験者偏差値55以上、8割正答が合格基準となっています。

受験資格

以下のいずれかに該当する者に限られます。
1.調剤情報実務能力認定試験合格者
2.調剤報酬請求事務に関わる有資格者
3.調剤または保険取扱い薬局においての実務経験(勤続年数1年以上)

合格率

平均合格率:58.6%

合格特典

・認定書(有料)

公式サイト

内閣府認証NPO法人 医療福祉情報実務能力協会|MEDIN(メッドイン)



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved