舞台機構調整技能士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->舞台機構調整技能士

舞台機構調整技能士

国家資格である技能検定の一種で、ホール・劇場等の舞台における音響機構の調整操作に必要な技能を検定します。
1級から3級があり、1級は舞台機構調整の職種における上級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度を基準、2級は舞台機構調整の職種における中級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度を基準、3級は舞台機構調整の職種における初級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度を基準とするとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、作業試験と要素試験で行われます。
1級、2級の作業試験は課題の音源について、音響機器を用いてミキシングを行う、要素試験はCDに記録された種々の音を聴いて、音質等の判別について行う、3級の作業試験は課題の音源について、音響機器を用いてセッティング及びリハーサル、本番としてのミキシング(音出し)、現状復帰を行う、要素試験はCDに記録された種々の音を聞いて、その内容の判別について行うとなっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・舞台機構調整技能士の名称

公式サイト

中央職業能力開発協会(JAVADA)



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved