地質情報管理士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->地質情報管理士

地質情報管理士

電子納品された情報の公開や共有化が進むことになり、地質調査業務に精通し、現場で取得した様々なデータ(情報)類を電子化したり、データベースを構築する際に必要な情報処理と情報管理能力を有する技術者、電子成果品として納品する地質情報の品質管理能力を有する技術者、GISツールやWeb−GISプラットフォームを活用することによって地質データの公開や2次利用を図る能力を有する技術者、GISツールやWeb−GISプラットフォームを活用することによって地質データの公開を行う際に必要な留意点や建設のライフサイクルにおける下流工程も含め、情報を再利用する観点から留意しなければならない時効について理解を有する技術者などの必要不可欠と予想されている技術者の能力を認定する資格です。

取得方法

試験の合格。
試験は、四肢択一問題と記述式の筆記試験で行われ、四肢択一は第1部情報技術、測量、GISや電子認証などに関する基礎知識、第2部地盤情報の電子化、電子納品などに関連する基礎知識、記述式は第3部電子情報全般、第4部電子納品実務となっていて、各部毎の得点率がいずれも60%以上で合格となります。

受験資格

指定の資格の所有、実務経験が必要となります。

合格率

不明。

合格特典

・登録(有料)で地質情報管理士として認定

公式サイト

地質関連情報Web 社団法人 全国地質調査業協会連合会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved