日本伝統文化指導者検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->日本伝統文化指導者検定試験

日本伝統文化指導者検定試験

日本の伝統文化の指導法の検定試験です。
日本伝統文化について広い知識を持つことの証明、あらゆる場面で生かせる指導方法を持つことを証明、書籍だけでは習得できない実践的な指導法を会得していることの証明となっています。
上級指導者、指導者、準指導者、上級、中級があり、上級指導者は広範囲の日本伝統文化に関する専門知識とその教育的活用方法を理解しており、問題を抱える個人、クラス、団体に対しても伝統文化を用いた情操教育ができる、指導者は広範囲の日本伝統文化に対する知識とその教育的活用方法を理解しており、子供や外国人をはじめとする多くの方々に伝統文化を用いた情操教育ができる、準指導者は広範囲で日本伝統文化に対する知識を有し、伝統文化を用いた情操教育のための知識を備えている、上級は伝統文化を用いた高度な情操教育のための知識を備えている、中級は伝統文化を用いた情操教育のための知識を備えているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、上級指導者は筆記試験と実技試験で、筆記試験が70%以上、実技試験が75%以上で合格基準、指導者は筆記試験と実技試験で、筆記試験が70%以上、実技が60%以上で合格基準、準指導者は筆記試験と実技試験で、筆記試験が70%以上、実技が50%以上で合格基準、上級は筆記試験で70%以上、中級はマークシートで70%以上が合格A、65%以上が合格B、60%以上が合格Cとなっています。

受験資格

中級は特にありません。
上級は中級合格Aに限られます。
準指導者は日本伝統文化検定試験上級合格者、および日本伝統文化指導者検定上級合格者に限られます。
指導者は日本伝統文化指導者検定試験準指導者、または日本伝統文化指導者養成講座修了者に限られます。
上級指導者は日本伝統文化指導者検定試験指導者、または日本伝統文化指導者認定試験合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・合格認定証

公式サイト

日本伝統文化指導者認定委員会 | 日本の伝統文化を伝えたい方と学びたい方の架け橋になり、国内外に継承するための活動を行います



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved