医学物理士認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医学物理士認定試験

医学物理士認定試験

医学物理系修士課程修了後に別に定める医学経験期間を得た者又はそれと同等と認められる学識経験者を対象として行われる放射線診療において、物理工学面から医学および医療の発展に貢献しうる素養を有することを認定する試験です。
放射線医学の物理的・技術的課題に携わりその遂行に先導的役割を担う者の質の向上と維持を図り、医学および医療の発展に貢献し、医学物理士の専門的地位確立を目的としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、記述式の理工学系問題、マークシート式の理工学系問題、マークシート式の医学系問題で行われます。

受験資格

日本医学物理学会の正会員で、学歴、所有資格に応じた受験資格を満たした者に限られます。

合格率

2010年度:38.6%
2009年度:30.7%

合格特典

・試験合格者で指定の業務成績を満たした場合、申請資格

公式サイト

一般財団法人 医学物理士認定機構



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved