コンタクトセンター検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->コンタクトセンター検定

コンタクトセンター検定

略称「コン検」とも呼ばれる検定試験で日本の社会インフラとなっているコンタクトセンター業界の勝ち向上に寄与し、サービスマネジメント分野の人材育成に貢献することを目的としています。
オペレーション資格とプロフェッショナル資格のカテゴリがあります。
オペレーション資格にはエントリー、オペレーター、スパーバイザーがあり、エントリーはコンタクトセンターにおける業務の未就業者や入門者のうち、今後のキャリアパスにむけた知識・スキルを身につけた人材を認定、オペレータはコンタクトセンターにおける顧客応対の担当者として必要なコンピテンシーを備える人材を認定、スーパーバイザーはコンタクトセンターにおけるオペレーターの管理者としてスーパーバイザー人材を認定となっています。
プロフェッショナルにはコンタクトセンターアーキテクチャ、オペレーションマネジメント、カスタマーサービスがあり、コンタクトセンターアーキテクチャはコンタクトセンターの新規構築、新プログラム導入時における業務設計とテクノロジーの導入を担うプロフェッショナルな人材を認定、オペレーションマネジメントは顧客対応部門における運営責任者、センター長やコンタクトセンターの業務プログラムのマネージャーなど、センター運営とパフォーマンス管理に特化したプロフェッショナル人材を認定、カスタマーサービスはセールス・渉外・特別対応等を含む高度な応対、および消費者保護の視点での顧客応対のプロフェッショナル人材を認定となっています。

取得方法

オペレーション資格は試験の合格。
プロフェッショナル資格は試験の合格と認定申請により資格認定されます。

受験資格

オペレーション資格は特にありません。
プロフェッショナル資格は認定資格に応じて業務経験が必要となります。

合格率

不明。

合格特典



公式サイト

コン検(日本コンタクトセンター教育検定協会) - 国内初の全国版コールセンター資格認定制度の構築・運営



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved