ホテルビジネス実務検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ホテルビジネス実務検定試験

ホテルビジネス実務検定試験

H検(Hotelier Proficiency Test)とも呼ばれる、ホテル業における総合的資格制度で、ホテルビジネスにおいて必要とされる実務知識に関する理解度を測定するための検定試験です。
宿泊・料飲・宴会といったサービスオペレーションから、マーケティング・総務人事・経理会計などのマネジメント業務まで、ホテル業務に必要な実務知識を体系的に習得し、自己学習目標への到達度を把握することを目的としています。
マネジメントレベル1級、2級、ベーシックレベル1級、2級があり、マネジメントレベル1級は管理者としての役割と課題の理解に加えて、ホテル全部門の管理業務を体系的に理解し、部門管理者として実務上の意思決定が出来る、マネジメントレベル2級は管理者としての役割と課題の理解に加えて、ホテル全部門の管理業務を体系的に理解し、部門マネージャーとして実務上の意思決定ができる、ベーシックレベル1級はホテルのサービスオペレーションのみならずマネジメント業務も体系的に理解し、接客業務はもちろん基礎的な管理業務に従事することが出来る、ベーシックレベル2級はホテル業界の基礎知識、およびホテルの宿泊・料飲・宴会の中心としたサービスオペレーションを体系的に理解し、即戦力として接することが出来るとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも4択の多肢選択方式で200問出題され、ベーシックレベル1級、2級、マネジメントレベル2級は、各科目の正解率60%以上、全体の正解率65%以上が認定基準、マネジメントレベル1級は各科目の正解率80%以上、全体の正解率85%以上が認定基準となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

2009年
ベーシックレベル1級:88.2%
ベーシックレベル2級:81.0%
2008年
ベーシックレベル1級:80.3%
ベーシックレベル2級:77.3%
2007年
ベーシックレベル1級:71.9%
ベーシックレベル2級:69.1%

合格特典



公式サイト

ホテルビジネス実務検定試験(H検)|H検



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved