解体工事施工技士試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->解体工事施工技士試験

解体工事施工技士試験

解体工事に関して一定の能力を備えた技術者を認定する資格です。
解体工事業に従事する現場管理者等の解体工事技術、廃棄物の適正処理、建設リサイクル法に対応した施工管理能力の向上を図ることを目的としています。
土木、建築技術に及び関係法令に関する基礎知識、解体工法、危機に関する専門知識、分別解体及び再資源化に関する専門知識、発注者等の作成した設計図書の解読、解体工事に必要な設計図書の作成、解体工事施工計画書の作成、解体工事費の積算及び見積書の作成、解体工事の施工管理、発生した廃棄物の適正処理及び再資源化の管理、解体工事現場作業員に対する教育・指導・管理などの知識・能力について一定のレベルに達しているかを検定します。

取得方法

試験の合格。
試験はマークシート方式による四肢択一試験と記述式試験で行われます。

受験資格

学歴に応じて解体工事の実務経験が一定年数必要となります。

合格率

平成21年度(第17回)
58.1%

合格特典

・申請(有料)によって解体工事施工技士登録者名簿に登録、登録者に登録証、資格者証の交付

公式サイト

全国解体工事業団体連合会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved