生産技術者マネジメント資格(CPE資格)
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->生産技術者マネジメント資格(CPE資格)

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)

生産技術者として必要とされるマネジメントスキルを習得した人材を、CPE(Certified Production Engineer)と称し、認定する資格制度です。
経営の視点から広く生産技術の役割を認識し、グローバルに通用する高いレベルの生産技術者の育成に寄与することを目的としています。
CPE、CPE−MEによって構成されていて、CPEは生産技術業務に関する5年程度の経験があり、生産技術を実施・管理する上で必要な基礎知識を有している方及び海外工場赴任者、CPE−MEは生産技術業務に関する10年程度の経験がある生産技術部門の管理者及びこれから管理者を目指す方及び海外工場赴任者となっています。

取得方法

試験の合格。
試験はCPE、CPE−ME共にコンピュータを用いた試験で択一問題・語彙選択問題で行われます。

受験資格

CPEは特にありません。
CPE−MEはCPE資格を取得している方に限られます。

合格率

2010年度
CPE:44%
2009年度
CPE:46%

合格特典

・試験結果レポート、成績証明書

公式サイト

CPE資格 -生産技術分野- | 社団法人日本能率協会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved