チェッカー技能検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->チェッカー技能検定試験

チェッカー技能検定試験

小売業に従事している従業員の技術及び資質の向上を目指し、社会に貢献することを目的とした技能検定試験です。
1級から3級があり、3級はチェッカー(レジ係)としての業務の基礎知識および基本接客応対技術を評価、2級は3級に加えてリーダー(部門責任者)としてのチェックアウト管理能力、指導能力(日常業務・OJT計画実施能力)を評価、1級は2級に加えてより一層の業務管理能力とトレーナー(育成指導者)としての育成能力および高度の接客応対技術を評価するとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験はマークシートで行われます。

受験資格

セルフサービス販売方式の小売業に従事する従業員となっています。
2級は3級合格者に限られます。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・合格認定証、認定等級バッジ

公式サイト

社団法人日本セルフ・サービス協会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved