食品表示管理士検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->食品表示管理士検定試験

食品表示管理士検定試験

スーパーマーケットでの食品表示の信頼を取り戻し、表示の正確性を保証するため、表示が読みとれる、確かな表示ができるプロフェッショナルを養成することを目的とした検定試験です。
初級、中級、上級があり、初級は食品表示に関する六法の基礎知識を有し、食品の一括表示ラベルの内容を読み取る力がある、中級は食品表示に関する六法その他の体系的な知識習得を完了し一括表示ラベルの読み取りだけではなく、作成が正確にできる、上級は食品表示に関する六法その他を熟知し、表示の読み取り・作成だけではなく、製造工程の情報などから表示の不備を指摘し、改善ができるとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験はマークシートで行われます。

受験資格

スーパーマーケット・食品小売業および食品製造業・卸売業、食品衛生管理・品質管理業等の従業員を中心とする食品流通業関係者となっています。
中級は初級資格保持者に限られます。
上級は中級資格保持者に限られます。

合格率

第5回
初級:48.1%
中級:47.1%
上級:63.6%
第4回
初級:46.2%
中級:57.9%

合格特典

・認定証、認定カード

公式サイト

社団法人日本セルフ・サービス協会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved