スーパーマーケット資格認定制度(S検)
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->スーパーマーケット資格認定制度(S検)

スーパーマーケット資格認定制度(S検)

スーパーマーケット業界全体のレベルアップを図ることを目的とした資格認定制度です。
S検ベーシック2級、S検ベーシック1級、S検マネージャー3級、S検マネージャー2級、S検バイヤー、S検エキスパート3級が実施されています。
S検ベーシック2級は初めてスーパーマーケットで働く方が最初に身につけるべき流通業界の基礎知識のチェック、S検ベーシック1級は修得すべき流通業界の基本的な知識の有無を試す、S検マネージャー3級はチーフ・売場責任者になる為に必要とされる能力の有無を試す、S検マネージャー2級は店長になる為に必要とされる能力の有無を試す、S検バイヤーはバイヤーに必要とされる能力の有無を試す、S検エキスパート3級は各部門に配属された方が身につけるべき専門能力の有無を試すとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験はS検ベーシック2級は三者択一選択方式で100点満点で60点以上で合格、S検ベーシック1級は業界一般知識、売場・商品知識、計数管理の3科目でマークシート方式で行われ3科目合計300満点で210点以上で合格(但し、1科目でも50点未満がある場合は不合格)、S検マネージャー3級は人の育成と活用、商品管理と販売の実務、計数管理(売場の数字)の3科目でマークシート方式で行われ3科目合計300満点で210点以上で合格(但し、1科目でも50点未満がある場合は不合格)、S検マネージャー2級は人の育成とチームワーク(含む法律)、店舗管理とマーケティング、計数管理(店の数字)3科目でマークシート方式で行われ3科目合計300満点で210点以上で合格(但し、1科目でも50点未満がある場合は不合格)、S検バイヤーはバイヤーの使命と求められる能力、マーチャンダイジング、計数管理(バイヤーの数字)の3科目でマークシート方式で行われ3科目合計300満点で210点以上で合格(但し、1科目でも50点未満がある場合は不合格)、 S検エキスパート3級は学科試験と実技試験があり、学科試験は記述で100点満点で60点以上で合格、実技試験は最終点数合計が70%以上で合格(但し、60点未満の課題がひとつでもある場合、衛生の項目の中でひとつでもできていない項目がある場合は不合格)となっています。

受験資格



合格率

不明。

合格特典



公式サイト

社団法人日本セルフ・サービス協会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved