認知症ライフパートナー検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->認知症ライフパートナー検定

認知症ライフパートナー検定

認知症の人に対して、これまでの人生や生き方、価値観を尊重し、日常生活をその人らしく暮らして行けるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人である、認知症ライフパートナーの認定資格です。
認知症の基礎知識とアクティビティ・プログラムをもちいて、継続的に支援することで脳を活性化させ、本人の心身機能や生活の質を高めるために支援していくことを目的としています。
基礎検定と応用検定があり、基礎検定では認知症の基礎知識とコミュニケーションのとり方を学び、応用検定では認知症についての専門知識と、アクティビティを用いたケアのあり方について、基礎編を基により掘り下げた専門的な内容を確認します。

取得方法

試験の合格。
試験はマークシート方式で行われ100点満点で、70点以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証

公式サイト

日本認知症コミュニケーション協議会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved