ケアストレスカウンセラー
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラー

年齢や環境によって異なる様々な心の健康問題に対して、状況に応じて的確なカウンセリングが行えるように、カウンセラーとしての資質の向上を図り、個々が暮らしやすいコミュニティや社会の発展に寄与する能力を有しているかを判定する認定試験です。
個々のストレス対策やQOL(クオリティーオブライフ)を図ることを目的としています。
企業中間管理職、高齢者、青少年の3区分があり、企業中間管理職は、心理学の基礎知識、精神医学の基礎知識、対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術、ストレスマネージメント、企業のメンタルヘルス、高齢者は、心理学の基礎知識、精神医学の基礎知識、対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術、ストレスマネージメント、家庭内のメンタルヘルス、青少年は心理学の基礎知識、精神医学の基礎知識、対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術、ストレスマネージメント、家庭内のメンタルヘルスが出題範囲となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、各区分とも7割以上の点数が合格基準となっています。

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしたものに限られます。
1.成年に達した者で、指定の講座を修了した者。
2.成年に達した者で、原則として2年以上の心理学に関する教育を受け、上記1.と同等の専門知識を有すると認められた者。

合格率

不明。

合格特典

・認定証

公式サイト

財団法人 職業技能振興会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved