認知症ケア専門士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->認知症ケア専門士

認知症ケア専門士

認知症ケアに対する優れた学識と高度な技術、および倫理観を備えた専門技術士を養成し、わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的とした認定資格です。

取得方法

試験の合格。
試験は第1次試験と第2次試験があり、第1次試験は認知症ケアの基礎、認知症ケアの実際I:総論、認知症ケアの実際II:各論、認知症ケアにおける社会資源の4分野があり、各分野マーク式5者択一で50問、合計200問出題され、4分野すべてにおいて70%以上の正答率で合格、第2次試験は論述と面接で行われます。

受験資格

認知症ケアに関する施設、団体、機関等において試験実施年の3月31より過去10年間において3年以上の認知症ケアの実務経験(教育・研究・診療も含む)を有する者。

合格率

不明。

合格特典

・認知症ケア専門士として認定

公式サイト

認知症ケア専門士 official site

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved