福祉事務管理技能検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->福祉事務管理技能検定

福祉事務管理技能検定

社会保障制度全般の知識を有し介護保険制度と介護報酬請求事務の能力を認定する検定試験です。
2級と3級があり、2級は福祉関連機関における、実務担当者として一般的知識と技能を有し、やや複雑な業務を遂行することができる、3級は福祉関連機関における、事務担当者として基礎的知識と技能を有し、一般的な業務を遂行することができるとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は2級、3級とも領域I.社会保障、社会福祉制度、領域II.老人・障害者の医学と心理、介護の基礎、領域III.介護保険制度、介護報酬請求事務があり、三つの領域の正解の合計が180点以上で、それぞれの領域の正解が60%以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証
・合格証明書(有料)

公式サイト

医療秘書教育全国協議会---MENU



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved