医事コンピュータ技能検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータによるレセプト作成能力を問う検定試験です。
準1級、2級、3級があり、準1級は医療事務及び医事コンピュータについての専門的な知識を有し、やや複雑多岐な業務を遂行することができ、併せてネットワークやデータベースに関する知識を有するとともにエクセルやアクセス等の表計算やデータベースソフトを使い、医事統計や医療の経営分析資料の作成及び解析ができ、簡単な疾病分類が出来ること、2級は医療事務及び医事コンピュータについての一般的な知識を有し、カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを速やかに作成することができる、3級は医事事務及び医事コンピュータについての基礎的な知識を有し、カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成することができるとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は領域I.医療事務、領域II.コンピュータ関連知識、領域III.実技(オペレーション)があり、領域I、II、IIIともに60%以上の正解で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証
・合格証明書(有料)

公式サイト

医療秘書教育全国協議会---MENU



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved