医療秘書技能検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医療秘書技能検定

医療秘書技能検定

医療秘書としての専門知識と技能を認定する検定試験です。
医療秘書を目指す学生にとって学習の目標の1つとなり、採用する医療機関においては志望者のレベルを判断する目安となることを目的としています。
1級、準1級、2級、3級があり、1級は医療秘書としてそれぞれの領域について高度な知識と技能を持ち、複雑多岐な業務を専門的に遂行することができる、準1級は医療秘書としてそれぞれの領域について専門的な知識と技能を持ち、やや複雑多岐な業務を遂行することができる、2級は医療秘書としてそれぞれの領域について一般的な知識と技能を持ち、やや複雑な業務を遂行することができる、3級は医療秘書としてそれぞれの領域について基礎的知識と技能を持ち、一般的な業務を遂行することができるとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも領域I.1.医療秘書実務、2.医療機関の組織・運営、医療関連法規、領域II.医学的基礎知識、医療、関連知識、領域III.医療事務があり、三つの領域の正解の合計が180点以上で、それぞれの領域の正解が60%以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証
・合格証明書(有料)

公式サイト

医療秘書教育全国協議会---MENU



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved