医療情報基礎知識検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医療情報基礎知識検定

医療情報基礎知識検定

医療情報を正しく取り扱うための共通の基本的で基礎的な知識を持つことを目的とした検定試験です。
医療情報を扱う人たちが共通に持っておくべき医療情報に関する基礎的な知識として、医療制度や医療情報関連法規の基本、病院の診療体系と機能分担、医療情報の特性および取り扱い、医療情報を取り扱う上で必要な医療情報倫理(プライバシー保護等)、医療情報を取り扱うための基本的な情報処理技術、医療情報システムの基本的な利用形態と機能、医療情報の共有・活用を図るための基本的な方策、医療情報を安全に取り扱うために必要な事項(情報セキュリティ等)について知っていることが求められます。

取得方法

試験の合格。
試験は四者択一のマークシート方式で行われます。

受験資格

特にありません。

合格率

第1回(平成21年)
71.9%

合格特典

・推奨水準到達認定証

公式サイト

医療情報技師育成部会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved