公文書管理検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->公文書管理検定

公文書管理検定

一般社会に比べ、日常の業務のなかでも、より強固な規制や管理が求められる公文書管理の意義を理解し、スキルアップのための方法論を身に付け、ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成する目的で実施させる検定試験です。
マネジメント編と実務編があり、マネジメント編は戦略的に公文書管理の立案及び管理できる知識・技能、実務編は公文書を通常の業務の中で維持・管理できる知識・技能となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、実務編はマークシートで行われ正答率70%が合格の目安、マネジメント編はマークシートと記述で行われ正答率70%が合格の目安となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

平均合格率
実務編:76.7%

公式サイト

社団法人 日本経営協会|検定|公文書管理検定



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved