歴史能力検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->歴史能力検定

歴史能力検定

先人が歩んできた道を振り返り、歴史に対する理解を深め、これからの判断力や洞察力を養い、世界に通用するひとづくりを目的とした検定試験です。
1級から5級と準3級の6段階のレベルと3級以上は日本史と世界史に分かれています。1級は歴史を専門的に学んでいる、または、専門家に匹敵する歴史知識があると思うレベル、2級は高校で歴史は得意科目であり、教科書の内容だけでは少し物足りなく感じている、または、歴史にはかなり詳しいと思うレベル、3級は高校での歴史の履修が終わっている、または、高校で学ぶ程度の歴史知識はあると思うレベル、準3級は中学校で歴史は得意科目であり、教科書の内容だけでは少し物足りなく感じているレベル、4級は中学校での歴史の履修が終わっている、または、中学校で学ぶ程度の基本的な歴史知識はあると思うレベル、5級は小学校での歴史の履修が終わっている、または、小学校で学ぶ程度の歴史知識はあると思うレベルとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、5級は3肢択一問題、4級、準3級、3級は4肢択一問題、2級は4肢択一問題と記述問題、1級は4肢択一問題、記述問題、論述問題となっています。
各級とも100点満点で正解率が60%が合格の目安となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格賞
・合格証明書(有料)

公式サイト

歴史能力検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved