色彩士検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->色彩士検定

色彩士検定

色彩について学んでいる人、デザイナーやアーティスト等を目指す人、また広く色彩について興味を持つ人を対象とした検定試験です。
基礎からの幅広い知識と、実際に色を使うための技能の両方に重点をおき、さまざまな分野のデザイナー、アーティスト、カラーコーディネーター、色彩計画担当者など、クリエイティブな業界領域に必要な色彩能力について、段階的に認定することを目的としています。
1級から3級があり、1級は専門学校、短大、大学を卒業後、色彩に関する仕事、研究に2年以上従事したレベル、または大学院において色彩を専門に学習したレベル、2級は専門学校、短大、大学において1年程度の色彩学習を履修したレベル、3級は専門学校、短大、大学において半年程度の色彩学習を履修したレベルとなっています。
また、公式サイト上で4級の試験も実施されています。こちらは入門的な要素を含んでおり無料で受験することが可能です。

取得方法

試験の合格。
試験は、3級はマークシート方式で理論問題と演習実技問題があり、各100点で合計200点満点で合計120点以上でかつ、理論問題、演習実技問題がそれぞれ50点以上で合格、2級はマークシート方式で理論問題と演習実技問題があり、各100点で合計200点満点で合計120点以上でかつ、理論問題、演習実技問題がそれぞれ60点以上で合格、1級は理論と実技で別々の試験になっていて、1級理論は100点満点で80点以上で合格、1級実技は採点結果をもとに討議によって合否が決定します。
4級はWeb上で実施されていて、2者または3者択一で、80%以上の正答率で合格となります。

受験資格

2級、3級、4級は特にありません。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・認定証
・認定証明書(有料)

公式サイト

色彩士検定〜全国美術デザイン専門学校教育振興会〜

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved