CBS(国際秘書)検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->CBS(国際秘書)検定

CBS(国際秘書)検定

秘書に必要な知識と技能を実務に即した方式により審査する検定試験です。
英語と日本語をコミュニケーションの手段として使いこなし、実務処理能力、人間性ともに優れ、上司の右腕として機能しうる秘書あるいはアシスタントの育成を目的としています。
プライマリー試験とファイナル試験があります。

取得方法

試験の合格。
試験は、プライマリー試験はオフィス実務、ビジネス日本語、ビジネス英語の3科目があり、総合得点で70%以上でかつ各科目の合格点が所定の合格基準を満たせば合格、ファイナル試験は秘書適正・秘書業務管理/レコードマネジメント・経営・会計・法律に関する知識、秘書実務(インバスケット方式)、英文ビジネス文書作成に関する知識と応用、日英両語による個人面接の4科目があり、各科目70%以上で合格となります。ただし、面接試験は試験管の合否判定によります。

受験資格

プライマリー試験は特にありません。
ファイナル試験はプライマリー試験合格者に限られます。

合格率

2009年度
ファイナル試験:19.0%
プライマリー試験:52.5%

合格特典

・プライマリー試験合格者:準CBS認定証
・ファイナル試験合格者:CBS認定

公式サイト

社団法人日本秘書協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved