福祉住環境コーディネーター検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーター検定試験

高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーである福祉住環境コーディネーターの検定試験です。
1級から3級があり、1級は2級・3級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力、2級は3級レベルの知識レベルに加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけ、また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、2級、3級はマークシート方式で行われ、100点満点で70点以上で合格、1級はマークシート方式試験と記述式問題があります。

受験資格

2級、3級は特にありません。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

第23回(2009年11月22日)
2級:51.6%
3級:62.3%
第22回(2009年7月12日)
2級:43.3%
3級:68.5%
第21回(2009年11月23日)
1級:52.0%
2級:66.2%
3級: 4.9%

公式サイト

検定試験情報 [福祉住環境コーディネーター検定試験®]

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved