ラジオ・音響技能検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ラジオ・音響技能検定

ラジオ・音響技能検定

エレクトロニクス・オーディオの知識・技能をアナログ技術という観点から総轄して評価する検定試験です。
学業の一部、仕事としてエレクトロニクスやオーディオに関わりを持つ方の知識・技能を正しく評価し、実力を証明することを目的としています。
1級から4級があり、1級は電気理論、電子工学、無線、通信理論、音響理論を良く理解し、各種受信機や各種音響機器の動作原理、設計、製作、調整、修理法をよく体得している、2級はやや高度な電気知識を持ち、各種受信機の動作原理を理解し、これを組み立てたり、調整、修理することができ、さらに各種音響機器の動作原理を理解できる、3級は基礎的な電気の知識を持ち、現用受信機および簡単な音響装置の動作原理を理解し、組立、調整をすることができる、4級は初歩的な電気の知識を持ち、初歩のラジオ受信機(中波のスーパー受信機程度)の動作原理がわかり、組立や調整ができる、また、簡単な音響機器の動作原理を知っているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は2級、3級、4級は知識と実技の科目があり、両方とも選択式の筆記試験、1級は知識と実技の科目があり、両方とも記述式の筆記試験となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・希望者に合格証書
・合格証明書(有料)

公式サイト

A・R 検定トップページ



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved