サービス接遇検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->サービス接遇検定

サービス接遇検定

サービス接遇に関する検定試験です。
理論としてサービススタッフの資質、専門知識、一般知識、実技として対人技能、実務技能が問われます。
1級から3級と準1級があり、1級はサービス接遇実務について十分な理解、および高度な知識、技能を持ち、専門的なサービス能力を発揮することができる、2級はサービス接遇実務について理解を持ち、一般的なサービスを行うのに必要な知識、技能を持っている、3級はサービス接遇実務について初歩的な理解を持ち、基本的なサービスを行うのに必要な知識技能を持っているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、2級、3級は筆記試験で理論と実技があり、それぞれ60%以上の正解で合格、1級は1次試験で筆記試験があり、筆記試験は理論と実技があり、それぞれ60%以上の正解で合格、2次試験は面接試験となります。準1級は面接試験のみで、合格には2級の合格が必要になります。

受験資格

特にありません。

合格率

第27回(平成21年6月14日実施)
1級:19.1%
準1級:71.1%
2級:70.6%
3級:86.7%

合格特典

・希望者に合格証明書発行

公式サイト

サービス接遇検定 ||| 財団法人 実務技能検定協会 |||

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved