社会常識能力検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->社会常識能力検定試験

社会常識能力検定試験

就職活動を始める前の生徒・学生やビジネス界でさらに活躍したいと願う社会人がビジネスマナーや常識を習得し、コミュニケーションに自身をつけるための学習プログラムとして行われる検定試験です。
現代社会・組織に生きる一人のおとなとして必要な常識や心構えである社会常識、ビジネスでのよい人間関係を築くための意思伝達スキルであるコミュニケーション、業務処理に必要なマナー・技能であるビジネスマナーの3つの領域から出題されます。
1級から3級があり、1級は企業・社会のしくみと幅広い社会常識を十分に理解し、目標達成のために自ら率先して高度な業務を処理できる知識やビジネスマナーを活用し、後輩指導・グループをまとめるリーダーシップ・トラブル対応などさまざまなビジネス場面で発揮できるコミュニケーション能力を習得している、2級は企業・社会のしくみと一般的な社会常識を理解し、仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを身につけ、自ら築いた人間関係を良好に保つために必要なコミュニケーション能力を習得している、3級は社会・組織の一員として必要不可欠な社会常識を理解し、初歩的な仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを学び、社内外の人と良好な関係を築くために求められるコミュニケーション能力を習得しているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも筆記試験で行われ100点満点で70点以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

第5回(平成21年9月26日施行)
1級:37.6%
2級:56.2%
3級:64.7%
第4回(平成21年1月17日施行)
1級:38.1%
2級:59.4%
3級:67.8%
第3回(平成20年9月27日施行)
1級:28.2%
2級:57.4%
3級:68.3%

合格特典

・合格証書
・合格証明書(有料)

公式サイト

全経 - 社会常識能力検定試験



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved