IT活用能力検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->IT活用能力検定試験

IT活用能力検定試験

パソコンの活用法を客観的に測定する検定試験です。
1級から3級があり、コンピュータネットワーク社会において活動ができ、適切なIT技術やツールを選択し、目標達成あるいは問題解決のために情報収集・分析ができ、実行計画の立案からプレゼンテーションまでができる総合的な能力を有する、2級はコンピュータネットワーク社会でルールを遵守してネットワークが利用でき、問題解決のためのコンピュータ活用能力を有し、IT技術やツールを利用した情報収集力、収集した情報の整理・分析力、整理した情報の表現力、コミュニケーション力を有する、3級は高校教科情報A・B・Cのいずれかを学習し、コンピュータネットワーク社会で活動するために必要なITの基礎知識を有し、与えられたツールを使用して情報収集、収集した情報の整理、整理した情報の表現ができ、情報社会に参画するためのルールやモラルを習得しているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも筆記試験で100点満点で70点以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

第11回(平成21年10月24日施行)
1級:45.0%
2級:78.8%
3級:66.7%
第10回(平成21年6月27日施行)
1級:37.7%
2級:35.6%
3級:76.9%
第9回(平成21年2月7日施行)
1級:58.0%
2級:63.3%
3級:62.7%

合格特典

・合格証書
・合格証明書(有料)

公式サイト

全経 - IT活用能力検定試験



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved