簿記実務検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->簿記実務検定

簿記実務検定

簿記実務能力を検定する試験です。
商業簿記、原価計算、会計の3つの範囲から成立しています。商業簿記では、もっとも基本的な簿記原理と、商品売買業を主たる活動としている企業で用いられる簿記の問題が出題されます。原価計算は製造業で用いられる簿記で、原価計算など特殊な計算が含まれます。会計はさらに商法による会計処理や会計上の理論的な問題などを加えた専門の科目で、より高度な問題が出題されます。
1級から3級があり、1級は会計(商業簿記を含む)・原価計算、2級、3級は商業簿記が出題されます。

取得方法

試験の合格。
試験は1級は会計1級は会計(商業簿記を含む)と原価計算でそれぞれ70点以上で合格、2級、3級は商業簿記で70点以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証

公式サイト

ZENSHO WEB SITE -(財)全国商業高等学校協会- 簿記研究部の広場

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved