情報処理技能検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->情報処理技能検定試験

情報処理技能検定試験

パソコンの表計算ソフトやデータベースソフトの有効な利用を通じて、情報処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的とした検定試験です。
表計算とデータベースがあり、表計算は初段、1級から4級の5つに、データベースは1級から4級の4つに分かれています。

取得方法

試験の合格。
試験は表計算、データベースの各級とも実技試験で行われ、表計算は表計算機能を有するソフトを使用、データベースはデータベース機能を有するソフトを使用します。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

公式サイト

日本情報処理検定協会/情報処理技能検定試験



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved