パソコンスピード認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->パソコンスピード認定試験

パソコンスピード認定試験

パソコンの日本語ワープロソフト・英文ワープロソフトの有効な利用を通じて、正確かつ迅速な入力技能とコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的とした検定試験です。
日本語と英文があり、試験結果に応じて初段、1級から5級の認定が行われます。

取得方法

試験結果に応じて認定。
試験は実技試験で行われ、指示に対応できる機能を有するソフトを使用します。
日本語は純字数(=総字数−ミス数)が1500文字以上で初段、1000文字以上が1級、700文字以上が2級、500文字以上が3級、300文字以上が4級、100文字以上が5級となっています。
英文は純ストロークス(=総ストロークス−(ミス数×2))が3000ストロークス以上が初段、2000ストロークス以上が1級、1400ストロークス以上が2級、1000ストロークス以上が3級、600ストロークス以上が4級、200ストロークス以上が5級となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

公式サイト

日本情報処理検定協会/パソコンスピード認定試験



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved