福祉情報技術コーディネーター認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->福祉情報技術コーディネーター認定試験

福祉情報技術コーディネーター認定試験

障害者(高齢者を含む)のために、コンピュータによる支援技術、補助機材をその障害に応じて結びつけ自立をサポートできるように、操作技術を教える指導者としての能力を認定する試験です。
1級から3級があり、1級はパソコンOSのアクセシビリティ機能に関する知識、支援技術に関する専門知識、各種障害(重複障害を含む)に関する専門知識、サポートに関する実践的知識、2級はパソコンOSのアクセシビリティ機能に関する知識、各種障害(重複障害を除く)に関する一般知識、3級はパソコンOSのアクセシビリティ機能に関する知識、支援技術に関する基礎知識、障害全般に関する基礎知識が求められます。

取得方法

試験の合格。
試験は各級ともマークシートで行われ、80%以上の得点で合格となります。

受験資格

申し込み時に18歳以上。

合格率

不明。

合格特典

・合格証書、認定カードの交付
・ロゴのダウンロード

公式サイト

福祉情報技術コーディネーター認定試験[TOP]



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved