情報セキュリティ検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->情報セキュリティ検定試験

情報セキュリティ検定試験

高度情報社会において、安心してコンピュータを利用、活用するために必要なセキュリティの管理に関する総合的な知識を有することを認定する試験です。
1級から3級があり、1級は企業や団体の中で、セキュリティ対策のリーダーや会社が目指す、様々なセキュリティ規格の取得のためのリーダーとなることもできる、セキュリティ管理者と同等の知識を有することを認定、2級は様々な情報を扱うプロジェクトのリーダーとして、情報セキュリティにおける、リスクと対策を、マネージメントできる知識を認定、3級は情報セキュリティに関する基本的な意味、リスク、対策、事故、ギムをプライバシーマーク(Pマーク)やISMS等のセキュリティ規格の中で一般従業員に教育されるべきとされる情報セキュリティの知識を認定します。

取得方法

試験の合格。
試験は各級ともマークシートで行われ、I.情報セキュリティ総論、U.情報資産に対する脅威、V.脅威への対策、W.コンピュータの一般知識が出題されI〜Wでそれぞれ70%以上の得点で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

平成20年度の平均合格率
1級:36.5%
2級:50.3%
3級:42.0%
過去の平均合格率
1級:40.8%
2級:52.1%
3級:55.3%

合格特典

・認定証書・認定カードの交付
・ロゴマークのダウンロード

公式サイト

情報セキュリティ検定試験−財団法人 全日本情報学習振興協会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved