個人情報保護士認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->個人情報保護士認定試験

個人情報保護士認定試験

個人情報保護法の理解と有効活用、安全確保のエキスパートを認定する試験です。
個人情報の正しい取り扱い、漏洩・流出などを防ぐ安全確保(セキュリティ対策)のための理解と啓蒙を目的としています。
個人情報保護法の背景と取り組み、個人情報保護法の理解、リスク分析、組織的・人的セキュリティ、情報システムセキュリティ、オフィスセキュリティなどが出題されます。

取得方法

試験の合格。
試験はマークシートにより行われ、課題I.個人情報保護の総論と課題II.個人情報保護の対策が出題され、各課題80%以上の点数で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

平成20年度の平均合格率
37.6%
過去の平均合格率
41.6%

合格特典

・合格証書、認定証の発行
・PiiPロゴのダウンロード
・PiiPシールの購入
・コンサルタント講習会の参加資格

公式サイト

個人情報保護士認定試験−財団法人 全日本情報学習振興協会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved