EC(電子商取引)実践能力検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->EC(電子商取引)実践能力検定試験

EC(電子商取引)実践能力検定試験

企業においてネットワーク社会への対応を推進する人材を育成することを目的とした検定試験です。
ECマスターと1級から3級があり、ECマスターは企業をネットワーク社会に対応させていく、企画立案能力、指導力、実行力を有し、企業におけるIT・ネットワーク戦略の中核的役割を担うレベル、1級は専門的な知識を踏まえ、企業実務で個別事案にあてはめ対応できる、実践的なスキルを有し、企業におけるIT・ネットワーク事業のリーダー的役割を担うレベル、2級は情報技術、ネット関連法規、セキュリティ対策など、企業実務で必要とされる専門的な分野に関する知識、スキルを有し、企業におけるIT・ネットワーク活用を先導する役割を担うレベル、3級は電子コミュニケーションや電子商取引など、企業実務に必要とされる基本的な知識を有し、企業におけるIT・ネットワーク活用を実践するレベルとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は1級から3級は選択式問題と穴埋め問題などで出題され100点満点で70点以上で合格、ECマスターは企業実務のプレゼンで行われ、その内容によって合格ととなります。

受験資格

3級は特にありません。
2級はEC実践研修「基礎コース」受講者。
1級は次の3つの要件を満たす者。eラーニング教材修了、2級取得、EC実践研修「応用コース」受講。
ECマスターは1級取得者でECマスター受験者登録者。

合格率

不明。

合格特典

・ECマスター合格者には「ECマスター」認定証(顔写真付)を発行。

公式サイト

EC実践能力検定 | 商工会議所の検定試験



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved