DCプランナー(企業年金総合プランナー)検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->DCプランナー(企業年金総合プランナー)検定試験

DCプランナー(企業年金総合プランナー)検定試験

現行の年金制度および確定拠出年金などの新たな年金制度、投資に関する基礎知識、ライフプランニングについての知識を併せ持ち、適切な情報提供・アドバイスができる人材の育成を目的としている検定試験です。
1級と2級があり、1級は確定拠出年金やその他の年金制度全般および金融商品や投資等に関する専門的な知識を有し、企業に対しては現行退職給付制度の特徴と問題点を把握のうえ、確定拠出年金を基軸とした適切な施策を構築でき、また、加入者等の個人に対しては確定拠出年金の加入者教育の実施と老後を見据えた生活設計を提案できるレベル、2級は確定拠出年金やその他の年金制度全般に関する基本的事項を理解し、金融商品や投資等に関する一般的な知識を有し、確定拠出年金の加入者・受給者、確定拠出年金制度を実施する企業の福利厚生担当者などに対して説明できるレベルとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、2級は四答択一式問題のマークシートで50問程度出題され100点満点で70点以上で合格、1級は基礎編として四答択一式問題のマークシートで50問程度、応用編として記述式問題5問程度出題され200点満点で140点以上で合格となります。

受験資格

2級は特にありません。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

1級
第14回:30.1%
第13回:37.0%
第12回:31.4%
2級
第15回:58.0%
第14回:37.7%
第13回:58.1%

合格特典

・合格証書
・希望者は「DCプランナー(企業年金総合プランナー)」として登録可能(有料)

公式サイト

DCプランナー(企業年金総合プランナー)検定 | 商工会議所の検定試験



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved