ホテル実務技能認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ホテル実務技能認定試験

ホテル実務技能認定試験

接遇・料飲・宿泊等、ホテル業における専門分野知識および語学力を認定する試験です。
1級から3級があり、1級は各業務およびサービスにおいて自ら実践できるだけではなく、高度な業務知識、高度な接客テクニック(苦情処理など)を有し、部下・交配に対して適切な指導ができ、部門責任者としての業務と役割について理解し、ホテルマネジメントに関する知識を有し、ホテル経営の概要を理解している、2級はホテル業界の歴史および関連業界(旅行・観光)の動向を理解して、料飲・宿泊の業務及びサービスに関する業務内容路を理解し、接客技能を有し、ホテル業務に関連する多方面の知識(食品衛生、安全衛生・施設管理など)を有する、3級はホテルスタッフとしての身だしなみ、言葉遣い、接客マナー、職場のマナー、英会話などの基本的知識を有し、料飲・宿泊の業務およびサービスに関する基本的内容を理解しているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも多肢選択式で行われ、1級は70%以上の正答率で合格、2級、3級は60%以上の正答率で合格となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

平成20年度平均合格率
67.4%

合格特典

・認定証
・1級合格者はハイライセンスシール発行

公式サイト

ホテル実務能力認定委員会|ビジネス能力認定サーティファイ



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved