PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

Microsoft PowerPointを活用したプレゼンテーションスライドの作成技能を認定する試験です。
プレゼンテーションとPowerPointに関する知識を問う知識問題に加え、実際にプレゼンテーションファイルを作成し、スライドの挿入・設定を行い、テキストやオブジェクトの編集、印刷設定を行うところまでを問う実技問題を実施することで、より実践的な能力評価を行います。
上級と初級があり、上級はプレゼンテーションの目的を理解し、Microsoft PowerPointを用いて指示書をもとに見本同様のプレゼンテーションファイルを作成することができ、指示された通りのストーリーでスライド間を移動するプレゼンテーションファイルを作成することができる、初級はMicrosoft PowerPointを用いて具体的詳細な指示書をもとに見本と同じ正確なプレゼンテーションファイルを作成することができるとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも知識試験と実技試験が行われ、知識問題65%以上、かつ実技問題65%以上の正答率で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

平成20年度平均合格率
85.6%

合格特典

・認定証
・上級合格者はハイライセンスシール発行 ・上級、初級はACPA検定試験認証を取得しています。  ※ACPA認定認証事業の詳細はこちら( http://www.acpa.jp/ninsyonintei/

公式サイト

Certify ソフトウェア活用能力認定委員会 |



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved