Word文書処理技能認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->Word文書処理技能認定試験

Word文書処理技能認定試験

Microsoft Wordを用いた文書作成技能と、ビジネス実務への展開能力を認定する試験です。
ワープロ機能とWordに関する知識を問う知識問題に加え、具体的に文書を作成し、書式設定を行い、表組みやオブジェクトの挿入、ページ設定を行うところまでを問う実技問題を実施することで、より実践的な能力評価を行います。
1級から3級があり、Microsoft Wordを用いて高度なビジネス文書処理ができ、同時にパソコン・表計算(Excel)・ワープロ・ビジネス図表・ビジネス帳票に関する高度な実務知識を駆使してビジネスプロセスを分析し業務に適した企画・改善提案、高度な指導ができ、2級はMicrosoft Wordを用いて通常のビジネス文書処理ができ、同時にパソコン・ワープロ・ビジネス図表・ビジネス帳票に関する基礎的な実務知識を有して初心者の指導ができる、3級はMicrosoft Wordを用いて簡単なビジネス文書作成ができ、同時にパソコン・ワープロ・ビジネス帳票に関する基本的な知識を有する。

取得方法

試験の合格。
試験は各級とも知識試験と実技試験が行われ、知識問題65%以上、かつ実技問題65%以上の正答率で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

平成20年度平均合格率
78.2%

合格特典

・認定証
・1級合格者はハイライセンスシール発行
・1級、2級はACPA検定試験認証を取得しています。
 ※ACPA認定認証事業の詳細はこちら( http://www.acpa.jp/ninsyonintei/

公式サイト

Certify ソフトウェア活用能力認定委員会 |



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved