Javaプログラミング能力認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験

Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定する試験です。
これからJavaを学び始める方からプログラマやシステムエンジニアとして活躍している方まで幅広いスキルを測定します。
1級から3級があり、1級はオブジェクト指向に基づく分析・設計(UML)により業務システムの流れを把握し、変更仕様に従ってプログラムの保守ができる能力を有する、2級はJavaに関する一般的な知識を有し、小規模なプログラム(アプリケーション、アプレット)が適切に書け、オブジェクト指向についての一般的な概念を理解している、3級はJavaに関する基本的な知識を有し、簡単なプログラムが書け、オブジェクト指向についての基本的な概念を理解しているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は2級、3級は多肢選択解答形式のマークシート方式で行われ正答率が60%以上で合格、1級はパソコンを使用した実技試験で正答率が60%以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

平成20年度平均合格率
66.4%

合格特典

・認定証
・1級合格者はハイライセンスシール発行

公式サイト

サーティファイ情報処理能力認定委員会



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved