編物技能検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->編物技能検定試験

編物技能検定試験

編物の技能検定試験です。
毛糸の編物またはレースの編物を習得した方の実力を公的な立場から判断することを目的としています。
毛糸編物技能検定試験とレース編物技能検定試験に分かれていてます。
毛糸編物技能検定試験は1級から5級に分かれていて、1級は毛糸編物の専門的な技能と知識を持ち、指導が出来る、2級は毛糸編物の専門的な技能と知識を持ち、指導者補佐が出来る、3級は毛糸編物の基礎的な技能と知識を持ち、それを応用できる、4級は基礎的な技能と知識を持ち、それを応用できる、5級は毛糸編物の最も基礎的な技能と知識があることが求められます。
レース編物技能検定試験は1級から3級に分かれていて、1級はレース編物の専門的な技能と知識を持ち指導が出来る、2級はレース編物の専門的な技能と知識を持ち、指導者補佐が出来る、3級はレース編物の基礎的な技能と知識を持ち、それを応用できることが求められます。

取得方法

試験の合格。
試験は原則70%以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・成績優秀者は賞の授与
・希望者に登録証、合格証明証を交付

公式サイト

◆財団法人 日本編物検定協会◆



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved