動物愛護社会化検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->動物愛護社会化検定

動物愛護社会化検定

基礎級(犬の飼い主検定)と専門級があります。
基礎級では飼い主に、広く犬の飼育に必要な知識をつけてもらうことを目的としています。専門級では犬・猫を中心とした動物愛護の歴史、社会と人との関わり、行動、メディカルケア、動物に係わる課題やトラブルなど幅広い分野から問題が出題されます。

取得方法

試験の合格。
試験は、基礎級は4択または3択のマークシート方式で出題数は100問前後、専門級は4択のマークシート方式で100問、記述式問題で2問となっています。

受験資格

基礎級は特にありません。
専門級は基礎級の合格者、または基礎級の合格者と同等の能力を有していると協会が認めた者に限られます。

合格率

不明。

公式サイト

動物愛護社会化検定|HAPP 特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会|



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved