コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

教育訓練施設や事業所において、コンピュータの操作方法を学習した方々やコンピュータを活用した各種サービスを行う方々を対象に、その能力を評価する試験です。
情報セキュリティ部門とワープロ部門1級から3級、表計算部門1級から3級があります。
1級はエキスパートレベル、応用レベルで、アプリケーションソフトの機能を幅広く把握し、それらを的確に活用でき、様々なデータやドキュメントの作成、加工等が、正確かつ短時間で操作できるレベル、2級はスタンダードレベル、実務レベルで、会社の業務にアプリケーションソフトを活用し、効率的に行う事ができ、実務で使用するデータやドキュメントの作成、加工等が効率的にできるレベル、3級はエントリーレベル、入門レベルで基本的なアプリケーションソフトの操作ができ、一般的な実務で使用する基本的なデータやドキュメントの作成、加工等の操作が出来るレベルとなっています。

取得方法

試験の合格。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・技士の称号と合格証

公式サイト

中央職業能力開発協会(JAVADA)

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved