スポーツ医学検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->スポーツ医学検定

スポーツ医学検定

一般の人を対象にした、身体のことやスポーツによるケガの知識を問う検定試験です。スポーツのケガを減らし、安全なスポーツ環境を作るために、スポーツ医学の知識(身体やケガの知識)を、スポーツ現場にいる方々に広めることを目的としています。
2級(アドバンス)、3級(ベーシック)、初級(ビギナー)があります。
2級(アドバンス)はスポーツ指導者、部活の顧問、スポーツ系・体育系の学生にオススメで、身体やスポーツのケガのより詳しくより広い知識が問われます。
3級(ベーシック)はスポーツ選手自身、成長期の選手の保護者、部活のマネージャーにオススメで、身体やスポーツのケガの最も基本的な知識が問われます。
初級(ビギナー)は誰でも知っておきたい身体やケガの初歩的な知識が問われます。

取得方法

試験の合格。
2級(アドバンス)、3級(ベーシック)は会場試験で、マークシート4者択一形式で行われ、概ね70から80%が合格基準となっています。
初級(ビギナー)はWeb試験で、4つの選択肢から1つを選択して解答し80点以上が合格基準となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証

公式サイト

スポーツ医学検定 | 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2017 うかりこ. All Right Reserved