医師事務作業補助者実務能力認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医師事務作業補助者実務能力認定試験

医師事務作業補助者実務能力認定試験

医師事務作業補助者に必要な、関連法規、医学知識、個人情報保護法、医療用語、文書作成、電子カルテ等に関する知識、および文書作成能力を客観的に判断する認定試験です。

取得方法

試験の合格。
試験は学科問題と実技問題があり、学科問題はマークシートで20問、実技問題は各種書類作成3問となっていて、原則として正答率6割以上が合格となっています。ただし、問題の難易度により変動します。

受験資格

特にありません。

合格率

おおむね60%から80%

合格特典



公式サイト

医療に関わる資格、試験、検定、就職、情報を掲載|全国医療福祉教育協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2017 うかりこ. All Right Reserved