高齢者住まいアドバイザー
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->高齢者住まいアドバイザー

高齢者住まいアドバイザー

高齢者が安心して生活できる社会の実現、超高齢社会における老後の備えについてのアドバイスの役割を持つ、高齢者住まいアドバイザーの検定試験です。
ご自宅(在宅)、高齢者向けマンション、介護付老人ホーム、サービス付高齢者住宅、特別養護老人ホーム、グループホームなどの高齢者の住まい選びからご本人とご家族のライフプランまでを真摯にサポートできる人材を育成する事を目的としています。

取得方法

試験の合格。
試験はマークシート方式で35問出題され、問題の総得点の7割を基準として(問題の難易度で補正あり)これに達した者を合格とするとなっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・認定登録(有料)で高齢者住まいアドバイザーとして認定

公式サイト

高齢者住まいアドバイザー検定 | 老後の住まい・老後の資金設計のサポートをする人材を育成します|

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2017 うかりこ. All Right Reserved