インバウンド接客外国語検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->インバウンド接客外国語検定

インバウンド接客外国語検定

サービス業の最前線の現場で必要とされるであろう外国語の用語やフレーズを出題する、接客スタッフ専用の外国語検定です。
外国語でコミュニケーションを積極的に図ろうとするホスピタリティ精神を見える化することで、外国語への壁をなくし今後の接客に活かしてもらう事を目的としています。
英語と中国語があり、それぞれ業種ごとに選択が可能です。
英語は小売店4種類(コンビ二、ドラッグストア、100円ショップ、その他小売)、飲食店4種類(カフェ、寿司屋、牛丼屋、その他飲食)、交通機関3種類(鉄道、バス、タクシー)、中国語は小売店、交通機関、飲食店、宿泊施設が選択可能な業種です。

取得方法

試験の合格。
試験は実際に外国人観光客を接客しているシーンを想定し、様々な業種別のシチュエーションの中から出題します。
オンライン受験で4択40問が出題され、正解率80%以上(32問以上正解)が合格基準となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格認定証

公式サイト

トップページ|みんなの外国語検定

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved