紅茶検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->紅茶検定

紅茶検定

紅茶の歴史や文化、産地ごとの特徴、ブランド、器具、美味しい入れ方、保存方法など、紅茶の楽しみ方を広げる知識を問う検定試験です。
紅茶について知識を深めることで、ティータイムがより味わい深く楽しい時間となることを目的としています。
初級(ベーシック)と中上級(アドバンス)があります。
初級(ベーシック)は紅茶をおいしく入れる方法、製造方法、保存方法、世界の紅茶の産地と茶葉の知識、各国の歴史・文化など紅茶に関する基本的な知識が問われ、中上級(アドバンス)が初級の範囲に加え、マーケット、品質・規格・表示、成分と効能など、さらに深い紅茶の知識が問われます。

取得方法

試験の合格。
試験は初級・中上級ともにマークシート形式で全80問出題され、概ね正答率70%以上が合格基準となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・カレルチャペック紅茶店特製の限定イラスト入り合格認定証

公式サイト

紅茶検定 公式サイト

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved