ネットリテラシー検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ネットリテラシー検定

ネットリテラシー検定

インターネットの便利さと脅威、ルールを理解し、適確な情報を利用して、よりよい情報発信をすることができる能力であるネットリテラシー欠如による企業リスクへの対応を目的とした検定試験です。
インターネットやコンピュータ端末自体の仕組みの知識も必要ですが、知識より、どう行動するかが非常に重要で、行動の前提となる知識にフォーカスを当てたものとなっています。
インターネットを利用する上でトラブルを起こさない、巻き込まれないことをコンセプトに情報セキュリティ、マナーと倫理、法制度(刑事)、法制度(民事)、知的財産の5つのカテゴリから構成されています。

取得方法

試験の合格。
試験は2肢択一式で100問出題され、合格基準は総合評価点が100点満点で80点以上となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・検定合格証明書

公式サイト

ネットリテラシー検定機構 | ネットリテラシーとはインターネットを利用するすべての人に必要な知識です。

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved